‘2015/10’ カテゴリーのアーカイブ

独り身の自由とキャリア

2015/10/20

離婚をしてバツイチになると、夫婦間のトラブルを解決できたという解放感と共に少なからず寂しさも感じるようになります。離婚後の独り身は寂しいと感じる反面として、自由で好きなように生きていくことができるので、これはメリットとして認識しておきたいところです。人によってはすぐにでも新しい恋探しを始めるものですし、人によっては自由になったことから本当に自分がやりたかったことを追及する人もいます。今後の人生をどのように歩むのかは離婚をしているからこそ色々と考えることがあるものです。あまり、ネガティブに考えると気持ちが落ち込んでしまうだけなので、自由になったことをメリットと捉えてポジティブな考え方で生きていきたいところです。仕事や夢をがんばることは当然であり必然的なことですが、一つだけ悩みとして抱えがちなのが再び結婚するのかどうかです。これだけで相手の問題もあるので、よい恋人を見つけることができたときに結婚を真剣に考えるとよいです。しかし、結婚願望があるのかどうかだけはしっかりと明確にしておかなければ、なかなか恋人探しに力を入れることができないこともあります。年齢的な関係も出てくるので、しっかりと考えましょう。

離婚からくる寂しさの対処法

2015/10/20

離婚する時には結婚の時よりもずっと体力が必要だと言われ、その後にはすっきりして心が軽くなるという人もいますが、喪失感や疲労感、罪悪感などのマイナスの感情が残り、一人になってしまい寂しいと感じる場合も少なくありません。そんな寂しさに対処する方法としては、家にこもったりせずに外出し、親族や友人などの気を使わずに付き合える人たちと会話をするというものが挙げられます。家に一人でいるとどうしても嫌なことを思い出したりネガティブなことを考えてしまい、それらがさらに新しいマイナスの感情を湧き起こしてしまいます。家から外に出て新しい発見をするだけで気分がリフレッシュできますし、他愛無いことでいいので誰かと会話することで、自分は一人で生きているわけではないと実感することができるのです。近くに気軽に会える人がいないという場合は、犬などのペットを飼うというのも良い方法です。彼らにとって飼い主は絶対的な存在で、愛情を注げばそれは自分に返ってきます。この場合も自分は一人ぼっちではないと確認できるということが重要です。それもできないという場合には好きな映画やドラマを見たり、読書をしたりなど、自分の趣味に没頭するというのも良いでしょう。この場合には嫌なことを思い出さないように、できるだけそう言った要素のないものを選ぶことが大切です。

バツイチになったときの生活と生き方

2015/10/20

これまで一緒に住んでいた夫婦が、何らかの理由で離婚することを決断すると生活は大きく変化します。特に長年連れ添っていて、子供もいた夫婦であればなおのこと変化するでしょう。女性は一人になっても家事や料理をすることが出来ますが、家事や料理が苦手な男性は生活するのがとても大変になります。部屋の中は散らかり放題になる場合がありますし、食事もインスタントラーメンやコンビニエンスストアーのお弁当に頼ることも多くなる場合もあります。そうなると、当然健康を害してしまいます。それで、離婚をしてバツイチになったなら、簡単な料理を作れるようにしましょう。特に野菜を中心とした栄養ある料理を作りましょう。また、これまでは、子供がいて生きがいがあったかもしれませんが、一人になると孤独を感じて引きこもりがちになる傾向があります。それで一人になっても孤立してしまうのではなく、なにか生きがいを見つけましょう。新しく趣味を持つのは良いことでしょう。男性であっても女性であっても、離婚するとこれまでの生活や生き方は大きく変わります。離婚という大きな決断をしたのですから、ぜひその決断を後悔しないような生き方をするようにしましょう。

片親家庭が知っておきたい医療費助成と子供扶養手当

2015/10/20

収入が不安定になりがちな片親家庭が頼る先に国から支給される手当があります。家庭の収入、子どもの人数、住民票の所在地などで手当て金額や内容が変わってきます。児童扶養手当や医療費助成などがありますので、もし手続きしてないなら役所で問い合わせてみましょう。支給内容は「児童」と書かれてますが、実際には生活費に充ててる家庭がとても多いです。やりくりできる範囲内で手当ての中から貯金できればそれに越したことはありませんし、子どもが18歳になるまで支給されますので高校の進学費用としても助かりますね。
この手当ては収入扱いにはなりませんし、奨学金のように返済しなければならないものでもありません。その家庭で自由に使えるお金です。支給内容は確定申告することもありませんのでご安心ください。
この手当てを受けてる家庭には医療費助成もセットで付けられてます。医療費助成というのは、病院の診察料、処方箋料などが一部もしくは全額免除になるということです。通院も手術も無料になる場合が多いのです。片親ですと、体調不良で仕事ができなくなると家庭内の収入が大きく減少してしまいます。その負担も面倒見てもらえる、という内容です。軽い症状でも手当ての証書を持参することで免除対象になるので、医療でお金がかかるときは受付に提出してみてください。負担してもらえるか不安な場合は、診察前に受付で聞いてみると詳しく教えてもらえます。–¼Ì–¢Ý’è-2

入籍届はどうなるの?子供に関する子の氏の変更許可申し立て

2015/10/20

親が再婚し親の氏が変わったからと言っても、子供の氏も自動的に変更されることはありません。
手続きをしない限りは、子の氏は変わることがないのです。
ですから子の氏の変更をする場合には、入籍届の他にしなければならないことがあるのです。
子の氏の変更をする場合には、子の氏の変更許可の申し立てをする必要があります。
そして、家庭裁判所の許可を得る必要があるのです。
家庭裁判所の許可を得てから、子の氏を変更することができるのです。
これは、例え夫婦が離婚したとしても子の戸籍は変わらないからなのです。
そして、親が再婚したからと言っても子の戸籍が自動的に変わるわけではないのです。
このことは、子のことを第一に考えた措置と言えます。
子のことを考えると、親の都合によって氏が何度も変わるのは良くありませんし、氏が変更されることによる不利益を親の都合で押し付けることになることもあるので、それを防止するためもあってこのようになっているのです。
どうして民法はこのようにしているのか疑問に思う方もいるかも知れませんが、しっかりとした理由があるのです。
子に不都合にならないと判断されれば、家庭裁判所が許可をしてくれるのです。
子の利益を一番に考えて、このような形をとっているのです。

住民票、世帯主変更、住所に関する変更手続き

2015/10/20

住民票は、住所地の市区町村の役所で手続きをしますが、同じ場所で複数の世帯を届け出ることが可能です。
”生計を一にする”というのは、税金の控除の判定でよく使われる法律用語で、わかりやすく言うと財布がつながっていることを言い、同じ場所に住んで生計を同じくしている場合は、一つの世帯として、世帯筆頭者と、その他として登録されています。
離婚によって世帯が分かれたものの、すぐには引越しができない場合には、住民票の移転はできません。
住民票の移転は、転居が済んでから出なければできませんが、世帯分離や世帯主変更の手続きをします。
世帯分離では、一つの場所に二つの世帯を届けることになりますが、その際、子供などの扶養親族は、それぞれいずれかの世帯に入れます。
世帯主変更は、世帯が分離しなくても、夫が専業主夫として家庭に入り、外で働いている妻を世帯主として届け出ることも可能です。
国民健康保険は、家族の中の誰の分でも、世帯主に請求が来るという以外は、世帯主かそうでないかによって税金などの公租公課に影響はなく、また、収入が一番多い人が世帯主になるという決まりもないので、世帯分離以外で世帯主の変更をするのは、家族の任意です。

カード、通帳、離婚時に変更したい手続きまとめ

2015/10/20

離婚によって姓や本籍が変わった場合、運転免許証やクレジットカードなどの名義を変更する必要が出てきます。
まず、早めに変更したいのは身分証明書としても使える運転免許証です。
運転免許証の氏名や住所変更は、近くの警察署か運転免許更新センター、あるいは運転免許試験場で行うことができます。
手続きに必要な物は、現在の運転免許証と新しい本籍の記載された住民票です。
新たな氏名と住所の書かれた身分証明書があれば、それを通帳や印鑑と一緒に銀行の窓口に持って行くことで銀行口座の名義変更ができます。
クレジットカードの名義変更や住所変更は、基本的には書類を郵送してもらい、それに必要事項を記入して返送することで行えますが、こうして事前に銀行口座の名義変更をしておくと「引き落とし口座」にそれを書くことができ、無駄が省けます。
あとから銀行口座の名義変更をすると二度手間ですから、順番を間違えないようにしましょう。
もし結婚した時の姓で印鑑登録を行っていたなら、離婚により姓が変わると失効しますから、もう一度登録する必要があります。登録した印鑑が名のみなら失効しませんが、姓名や姓のみの場合は、忘れずに市町村の役所で登録してください。テクスチャー19

離婚時に知っておきたい国民年金と社会保険の基礎知識

2015/10/20

私たちの送っている日常生活の中では、ときに思わぬ事故の被害にあったり病気や怪我をしてしまうといったリスクが常に付きまとっています。もしも、事故や病気、あるいは怪我をしたときなど、普段から金銭的に余裕がある人以外はすぐにというわけではありませんが将来的に金銭的に厳しい状況へと追い詰められてしまうこともあります。
そのため、日本では病気や怪我などのリスクに備えた危機管理の策として国民健康保険や国民年金などの社会保険の制度が整備されています。これらの制度が完備されているおかげで、私たちは老後の生活や不慮の病気や怪我などに関してあまり心配をすることなく平穏な生活を営んでいくことが可能になっているのです。
近年では結婚生活を長い期間営んでいた夫婦が熟年と呼ばれる年代になってから離婚をすることも珍しくはなくなっていますが、不幸にも夫婦生活を離婚によって解消することのなった場合には年金や健康保険などの社会保険については財産分与の対象となっています。
しかしながら、すべての社会保険が対象となっているのではなく、あくまでも婚姻期間中の厚生年金などの公的年金制度の2階建て部分に限定されており、自営業者などの2階建て部分に加入していないケースでは財産分与の対象とはなっていません。テクスチャー18

スムーズな離婚届の手続きを計画的に!

2015/10/20

縁あって結婚した二人ですが、結婚生活がどうしょうもなくなって離婚しなくてはならない事もあるでしょう。このとき離婚届の手続きを、スムーズに計画的に提出するにはどの様にすれば良いでしょうか。最ももめないでスムーズに手続きするには、結婚する時に万が一の時の事まで考えて話し合い文章にしておく事です。結婚前から持っていた家具類の取り扱いや、結婚後の増えた家具類や電化製品などの取り扱いも明記しておきましょう。また子供の出来た時の親権の問題や、養育費の負担の問題なども明確にしておきましょう。もちろん慰謝料についてもそれぞれの責任による場合について、金額や支払い方法なども決めておきましょう。最も忘れがちなのが負債の発生したときです。住宅をローンで購入した場合は、金額が大きいので解決に困る場合が多いのです。
この様に言うとまるで離婚を前提に結婚するのかと呆れる人がいますが、実はこの様な取り決めをするとなかなか離婚に踏み切れないのも事実です。離婚した後のリスクを考えると、この程度は我慢したほうが良いとも考えるようになります。喧嘩しても時間が経過すると、許す気持ちになるのと同じ事なのです。
突然の離婚話で計画的に手続きするのは無理があるでしょう。そんな時は調停や裁判で解決するのが最もスムーズにゆく方法です。

離婚届を出すときの正しい手続きと流れ

2015/10/20

離婚には大きく分けて3パターンあって、それは協議離婚と調停離婚と裁判離婚です。それぞれ手続きと流れに多少の違いがあります。調停離婚と裁判離婚の場合は、離婚届に必要書類を添付しなければなりません。協議離婚の場合は離婚の届出書だけを役所へ提出すれば手続きは完了です。ただし運転免許証やパスポート、写真付き住民基本台帳カードなど本人確認ができるものが必要になり ます。調停離婚の場合、離婚そのものは調停が成立した日に成立していますが、書類を役所に提出する必要があります。調停成立日から10日以内に、調停調書謄本を添えて届け出ます。さらに、夫婦の本籍地以外の市区町村役場で届け出る場合は、夫婦の戸籍謄本も必要です。協議離婚とは違ってある種の報告にすぎないので、離婚の届出書には相手方(申立人ではない方)の署名や2人の証人による記入は必要ありません。離婚の届出は、原則的には調停の申立人が届け出なければなりません。裁判離婚の場合は、判決による離婚成立から10日以内に、訴訟の申立人が役所に届け出なければいけません。判決書謄本と確定証明書を添えて、離婚の届出書を住所地の市区町村役場に提出します。証人欄の記入は不要です。住所地が本籍地でない場合は戸籍謄本も必要です。調停離婚と裁判離婚は届出のときに本人確認書類は必要ありません。テクスチャー17

最近の投稿