‘2015/10’ カテゴリーのアーカイブ

片親引き離し症候群の怖さとは

2015/10/20

両親の離婚や別居は、子供の精神面に大きな影響を与えることがあります。日本では両親が離婚した場合、その子供の親権は父か母どちらか一方に与えられるため、夫婦間で子供をめぐって激しい争いが起きやすくなっています。結果しばしば「片親引き離し症候群」と呼ばれる状況が発生することがあります。これは1980年代にリチャード・A・ガードナーが提唱した用語で、子供と一緒に暮らしている親が、もう一方の親と子供を意図的に精神的・物理的に引き離すような行動をとる状況をさします。具体的には子供と同居していない親との面会を阻止したり、子供の前でもう一方の親の悪口を言ったりするケースをさします。こうした行為の影響をうけ、子供は自分自身が否定されているかのように錯覚し、自尊心の低下などの影響がでて、人格形成に悪影響を及ぼし、摂食障害、学習障害などの要因になることがあります。
こうしたケースに陥らないように、子どもと同居している親は、別居している親も子どもにとってはかけがえのないであることを認めて、面会など子どもの権利を守るように努力する必要があります。また子供の前で別居している親の悪口や、その存在について子供に話すことを嫌がるような態度を取らないことが大切です。

離婚によって物心ついた小学生に与える影響

2015/10/20

子供にとって最高の家庭環境は、父親と母親が仲が良くて子供のことを心から愛してくれる家庭です。しかし、悲しい現実として離婚という決断を下す夫婦がいます。個性の違いや、どちらかが暴力をふるったり浮気をする。といったことが原因かもしれません。離婚によって、ある程度夫婦の問題は解決することがありますが、しかし子供は大人が考えている以上に影響を与えます。影響の具合は子供の年齢によっても異なりますが、例えばすでに物心がついている小学生ですと、離婚したことにかなりショックを受けます。夫婦仲が悪くても、子供にとっては優しい父親もしくは母親であれば、なおのことショックでしょう。なかには、自分は見捨てられた。という気持ちを持つ子供もいます。また、学校行事で父親と母親がそろって出席している光景を目にした時に、疎外感を感じることもあります。疎外感や絶望感から、学校に通うのが嫌になったり攻撃的になる子供もいます。それで、離婚という決断を下した親は、子供にとってどんな影響が出るのか良く考えましょう。そして、離婚して大変な思いをしているのは親だけではなく、子供も同じ気持ちである。ということをしっかり覚えて子供にこれまで以上に愛情を注ぎましょう。テクスチャー16

離婚が与える中高生の反抗期トラブル

2015/10/20

親が離婚していると、離婚していない場合に比べて子どもは何かと我慢しなくてはいけない部分というのが増えます。
もちろん、子どもは親が離婚しているから父親が母親の役割もする場合や母親が父親の役割もする場合に100パーセントを求めることは難しいということは理解しています。
しかし、反抗期と言われている中高生の時期になると、両親が離婚していない家庭と自分の家庭をどうしても比較してしまいイライラしてしまうという場合が多いです。
日頃から感謝の気持ちはあるのだけれども、両親がいないことで起こる不満などを自分でしっかりと対処できないため、結果的に親にきつい言葉で当たってしまうことも多いです。
反抗期を迎えることができれば、子育ても成功したも同然と一般的に言われていますが、子どもの反抗期を親が一人で全て受け止めることができるかということを考えるとなかなか難しいかもしれません。
自分の親が離婚しているということで、周りから何かされるということは無いにしても自分自身の中でどこか心がムシャクシャして友達と上手く付き合うことができなくなったり、勉強に真面目に取り組むことが難しくなったりするトラブルというのもあったりするので、親はきちんと理解するように努力することが大切です。

幼児のイヤイヤ期と離婚の関係

2015/10/20

待ち望んで生まれてきて、夫婦とも、この子のためにはどんなことでも頑張れる。頑張りたいと嬉しさで、はち切れそうな二人です。ずっと、この気持ちは変わることなどないと思う日々で、こんな天使のように可愛いのはうちの子だけだと親バカぶりも発揮しています。それが、しばらくすると夜泣きが始まり、寝不足にイラつき、仕事に差し支えるなど思い始めたりします。すると、父親は少しだけ、子どもと接する時間を少なくなるようなことになったりします。母親は逃げ場が無くなって、気持ちのすれ違いを感じたりするのです。子どもが幼児期に差し掛かる頃には何に対してもイヤイヤというイヤイヤ期がきます。本当はちゃんと育っている証拠で嬉しいことなのですが、子育てを始めてまだ間がない二人には、心の余裕がなくなってきます。すると、悪循環で子どものイヤイヤは増えるような気になってしまい、夫婦の喧嘩の芽を生んでしまいます。思わず相手に求めるものが大きくなり、今までは有った相手への思いやりや、感謝の気持ちが薄らいでいくのです。そこで、一歩立ち止まって見てください。子どもは今、育っていく途中なのです。ゆっくり大きく構えて待ってください。すると、自分が見えてきて相手の事も考えるゆとりも出てきます。

離婚が乳児養育に与える問題点

2015/10/20

子供の親権を勝ち取っても離婚による経済的悪化は、多くの離婚した女性の抱える悩みです。離婚時に、慰謝料や、養育費を取り決めてはいても、きちんと慰謝料や、養育費をもらえない現実や、乳児を抱えての職探しの難しさ、上手く就職できても、仕事中の子供の預け先探しなど多くの困難が待ち構えています。また、預け先が見つかっても、子供の病気や、怪我、預け先の保育場所による行事などがあり何かと仕事を休む必要な場合が出来たりします。子供に関する色々な用事と、行事それに仕事のこと、家事、育児を一人でこなせば、心と身体に大きく負担がかかってしまいます。一人でのんびりする時間もなく、休みを取ったり、リフレッシュすることもなく頑張り過ぎてしまうと身体を壊してしまう人もいます。行政も、母子手当、父子手当、育児手当などで応援してくれたり、検診、育児相談を受け付けてくれたりしています。行政機関や、保育場所などを活用しながら悩みを一人で抱え込まないように気をつけてください。また、時には、両親、友達など育児に協力してくれる方々の助けを借りることもお勧めです。子供が成人するまでには、非常に多くの困難にもぶつかりますが、苦労の報われる日はきます。子供は、育ててくれる人をきちんと見てくれています。

両親の離婚が影響する子供の人格

2015/10/20

両親が離婚するのは、理由がそれぞれあって、避けられないことです。もちろん誰もがそれを望む結婚はしていないので残念なことです。その時に子どもがいる場合は特にいろいろなことに慎重に対処していかなくてはなりません。両親の離婚は子どもにとって影響は必ずあります。経済的困窮・特に母親が子どもの親権を持った場合には、収入の面で苦労することも多いのです。約束した養育費が滞ったり、貰えなかったりする場合は、社会的な保護に頼る場合もあります。親子のコミュニケーション不足・一人親になり、生活のために仕事が忙しく、子どもと過ごす時間や会話が少なくなり、子どもが寂しい思いをすることもあります。そのうえ、自分の存在が離婚に至ったのではないかと気にして、胸を痛めることもあります。親が再婚した場合、その相手と子どもの関係も難しくなって、精神的負担を子どもが抱えてしまう場合もあります。そのどれもが子どもに悪影響を与える可能性はあります。しかし、たとえ離婚をしてもどちらも子どもの親であるのは変わりないのですから、しっかり責任と自覚を持って、子どもに対して、接していかなければなりません。嘘をついたり、相手の悪口を言ったり、もちろん子どものせいにはしないことなど、前向きな人生をお互いに生きて、子どもの成長の助けになるようにしたいものです。テクスチャー15

離婚を告白するときの注意点

2015/10/20

結婚生活が困難になり、離婚するケースは日本でも増えています。離婚自体は、前向きに生活するきっかけとなることもあり、悪いことではありません。しかし、子どもがいる場合には、注意をすることが必要です。多かれ少なかれ、離婚をした時に子どもの心は傷つきます。しかし、いろいろな点に心配りをすることで、子どもは傷をいやすことができます。注意点としては、離婚した相手の悪口を言わないということがあります。双方から、相手の悪口を聞かされるようになっては、子どもの心は耐えられません。多くの子どもは、お父さんもお母さんも好きです。離婚を告白する時には、感情的にならないようにし、話し合いの結果のみを伝えるようにします。また、離婚をしても、父親は父親、母親は母親のままであり、その部分に何ら変わりはないことを伝えるようにします。離婚の原因が自分にあると考えてしまう子どももいるため、あくまでも、離婚は、お父さんとお母さんの問題であることも話します。離婚後に、親権を無くした親に対して、自分は捨てられたのだと感じることもよくあります。ですから、定期的にあったり、学校の行事などでは、可能ならば、参加するようにし、子どもに対する愛情は変わらないという部分を見せると子どもは安心します。

親権が決まったときの心得

2015/10/20

離婚によって両親が離れ離れになり、どちらかが子供の親権を持たねばなりません。そんなとき第一に心得るべき事は、子供を愛しどの様に接してゆくかでしょう。子供の年齢はマチマチでしょうが、愛する事は子供の年齢には関係ないはずです。愛する事を子供を甘やかしたり子供の言いなりになる事と勘違いしている親がいますが、是は是非は非で生き方をキチッと教えてあげるべきでしょう。子供を躾と称して虐待する事件がありますが、愛情を持って躾けるとこの様な結果にはならないはずです。また親にとっても家族にとっても必要な存在である事は、常日頃から伝える様にしましょう。自分が誰かに必要とされていると思うと、日常生活や勉強そして運動など頑張れる何かが見つかるのです。また家計の苦しいときは隠さずに現状を話してやりましょう。小学生だから分らないだろうと思わずに、キチッと説明すると子供は子供なりに理解し協力してくれるものです。ただし親の怠慢で出来た事を子供に押し付けないで下さい。親は親で頑張った上で、どうしようもない事は説明してやる事です。親の心得は深い愛情を持って、子供の正面から対峙してやっることです。そして人生の先輩として適切なアドバイスと、方向付けをしてやりましょう。テクスチャー14

子供の心のケアのポイント

2015/10/20

どれだけ仲がいい夫婦でも、家庭生活を営んでいるといろいろなことで衝突する場合があります。結婚とはもともとまったく異なる家庭や価値観で育てられた人間が一緒になることですから、意見の相違があっても仕方がないとはいえ折り合いの付け方が難しいのです。
夫婦関係の影は子供の心にも影を落としてしまいます。特にその子が自分の両親どちらも愛していて、自分の両親は仲がいいことを望んでいる場合は大きく悲しんでしまいますし、幼少期に夫婦げんかを目の前で見続けてきた人は結婚に対して否定的な価値観を持つようになったり、自分は結婚をしないと考えるようになります。わが子の将来設計について影響を及ぼす可能性があるということです。
このようなことにならないようにするためにはきちんとわが子に対して心のケアをしてあげることが大切です。喧嘩を見られてしまった場合は夫婦間の問題で自分に責任があると思わないようにしてあげなくてはなりませんし、もし離婚することになっても本人が望むのであれば面会する機会を適度に設けてあげることも必要です。また、自分にとっては分かれた相手でもわが子にとっては一生親であるのですから相手の悪口のようなことを言って傷つけるのもよくありません。

子供の気持ちと離婚

2015/10/20

夫婦はどんなことがあってもお互い協力し合って、一生固くつくべきです。しかし、時には個性の違いや金銭トラブルまたは、浮気や暴力といったことが原因で、離婚に踏み切る夫婦がいます。しかし、離婚というのは夫婦だけの問題ではありません。子供にも影響が出てしまいます。例えば、母親が子供を引き取ることにしたなら、経済的な問題も降りかかるでしょう。母親は一人で子供を育てるために一生懸命朝から晩まで働きます。そうなると、子供はどうしても母親と過ごす時間が少なくなってきてしまいます。時には、さびしい表情や悲しいしぐさを表すでしょう。それで、離婚後は子供の気持ちを今まで以上にくみ取って、子供と寄り添う時間をとり分けましょう。子供にとってどんなことが一番つらいのか、母親としてはこれまで以上にどんなことができるのか良く考えるようにしましょう。母親は、父親の役目もしなければなりませんので、毎日朝から晩まで忙しい生活になります。それでも、離婚後に子供を引き取った親が、子供に対してどれほどアフターフォローをするかで子供の今後の人生は変わっていきます。一人で子供を育てるのは容易ではありませんが、周りの助けを得て皆で育てましょう。テクスチャー13

最近の投稿