‘2016/01’ カテゴリーのアーカイブ

失業や生活苦が原因の離婚で新しい関係を築くコツと復縁方法

2016/01/27

夫婦の関係がうまくいかなくなる原因はそれぞれ違いがありますが、経済的なことが原因で別れにいたるということは少なくありません。
恋人同士のときは恋愛感情が中心となっていても、いざ結婚するとなると、長く生活を共にしていくこととなりますので、経済的な安定は大切となります。

そして仕事もいつも順調とは限らず、倒産などで突然失業してしまうこともありますし、生活設計をきちんと立てていないと借金を重ねるなどで生活苦に陥ってしまうこともあります。
生活の安定が得られない、将来に不安を感じるという場合は夫婦の関係もうまくいかなくなりやすく、離婚、別居などにつながってしまうこともあります。

こうした場合の復縁方法についても知っておきたいですが、生活苦など経済的なものが原因している場合はまずはそれを改善する努力が必要です。
生活がそのままで復縁を希望しても、一時的に復縁できても、また同じ結果になってしまうことが考えられます。
借金を整理する、新しい安定した仕事を見つけるなどでまずは現在の生活を安定させることを考えていきましょう。
生活が安定し、経済的にも余裕が出てくると、精神面でも安定し、余裕も出てきますので、復縁できる可能性はより高まるといえるでしょう。

自分の借金と金銭問題が原因!ギャンブル精神を捨てて復縁する方法

2016/01/27

日本には、たくさんのお金を賭けて遊ぶ娯楽が存在します。パチンコ、パチスロ、競馬、競艇、競輪などが有名です。どれもすごい人気があり、たくさんの人から好まれる娯楽なのです。このような娯楽をギャンブルと呼びます。最近は、このような遊びに没頭しすぎて依存してしまう人が急増しているのです。いわゆるギャンブル依存症になってしまっているのです。
何故ここまで依存してしまうのでしょうか。予想外の収入が欲しいからやめられなくなる人、勝ったときの快感が忘れられなくなる人、負けたお金を取り返そうとする人、没頭していると時間を忘れて嫌なことを忘れられるなど、色々な理由で依存している人がいます。なかには没頭しすぎて自分を見失ってしまい、借金をしてまでギャンブルを楽しもうとする人がたくさんいるのです。借金をして遊び始めると当然のように、生活するお金は足らなくなり、自分の家族に迷惑をかける人も少なくないです。なかには離婚問題にまでなる家庭もあります。ひどい場合ですと、借金で悩んで鬱病になり働くことすらできなくなる人もいるのです。まさに悪循環です。
このような金銭問題にならないように、健康的な趣味をみつけてストレス発散することが良いです。

 

価値観を合わせて生きる!金銭感覚を調整して復縁する方法

2016/01/27

結婚した後、相手と自分の金銭感覚や価値観が異なると感じることは、しばしばあることです。
むしろ、育った環境のまったく違う2人が一緒になるのですから、価値観が完全に一致する場合の方が稀なのです。
世間では、夫が働き、妻が家計を管理するという方法が多く取られています。
しかし、妻に家計管理能力が無い場合、家計が破綻することもあります。
たとえば妻に浪費癖がある場合などです。
家計の管理は、世間一般の流れを踏襲するのではなく、その夫婦毎に決めていく方がうまくいきます。
しっかり管理出来る方がお財布を握る、ということです。
妻に家計管理能力が無いのであれば、夫が管理すると良いでしょう。
また、逆に夫がギャンブルに走って家計の殆どを使ってしまう場合は、夫が給料を全部妻に預けるというのも1つの方法です。
相手に預けてしまえば、自由にお金をギャンブルに使う訳にはいきませんし、使う時は妻に言わなくてはならないので、自然と自制が利きます。
また、クレジットカードなどで好きなように買い物をしてしまう場合も、カード自体を相手に預けるという方法もあります。
それによって、お互いに価値観を合わせて生きていくことが出来るようになり、復縁することも可能です。

元妻の借金が原因!金銭問題を解決して復縁する方法

2016/01/27

夫婦になると、生活や収入、財産までも共有するので、恋愛とは違うし、法律上の結婚ではない事実婚とも事情が異なり、時には借金や相続などの金銭問題も生じます。
妻が借金をしたのが、結婚する前か、結婚した後かで異なりますが、結婚した後に妻がした借金は、原則として夫婦の共有財産になります。”原則”には”例外”があり、妻のギャンブルなど、日常家計債務以外の債務については共有の対象になりません。
その一方で、夫婦といえども、別々の人格なので、離婚をすれば、債務保証を指定ない限り元妻の債務に対して法律上の責任はありません。
また、不動産などの財産についても担保設定されていない限り、すぐに債務の弁済に充てることはできません。
そこで、離婚の際に、妻の債務を含めて、夫婦の共有財産を財産分与して、元妻にまとめることはできます。
その後、元妻が自己破産や債務整理をしたとしても、元夫の財産に責任が及ぶことはありません。
その後に、同じパートナーと再婚することも法律上禁止はされていませんが、離婚が債務逃れのための偽装と判断された場合や、それによって債権者の権利が侵害されたとされる場合は、財産分与が認められなかったり、犯罪になってしまうこともあるので、債務整理の専門家の助言も受けながらするのがおすすめです。

新しい関係性を築こう!修復して復縁する方法

2016/01/27

離婚をしてから復縁を望む人は元妻、元夫という事はあまり意識せずに新しいお互いの関係性を築くことを意識するようにしましょう。離婚をするとやはりお互いの関係性は悪くなります。そんな状況でも、時間が経つと気持ちに変化が出るので、関係性を修復することが出来ることは良くあります。まず、大事なポイントとして抑えておきたいのが良い離婚をすることです。離婚とは全ての離婚が悪い内容ではなく、しっかりと二人で話し合いをすることによってお互いに納得して良い離婚をすることが出来るケースもあります。喧嘩別れをするのか、それとも納得してお互いに気持ちよく離婚をするのか、この差はかなり大きいです。つまり、離婚をする際には単純に勢いなどだけで別れるのではなく、しっかりと話し合いをすることが大事というわけです。また、離婚後に新しい関係性を構築する場合は相手の気持ちをしっかりと尊重することを意識しましょう。自分が相手に対して何かを言う言い分があれば、それは相手にもあるものです。しっかりとコミュニケーションを取りながら相手の事を思いやる気持ちを持つことが出来ると、自然と新しい二人の関係性を築いていくことが出来るようになります。

お互いに愛情次第!子供ための復縁とは

2016/01/27

人と人とが良好な関係を築くきっかけとなるものには、さまざまな物があります。お互いの意識の問題である場合もあれば、第三者の関わりによる働きかけ、といったこともあります。
例えば、一度別れてしまった相手と復縁するのは、なかなか大変なものですが、元妻に新しい相手がいる場合には、さらに復縁が難しくなるものです。そして、そういった時にポイントとなるのが、第三者の介在です。
よく結婚をする時の言葉として、親を安心させたいから、と言ったものがありますが、人との人とのつながりには、親以外に子供が関わってくることもあります。別れた相手との間に子供がいた場合には、その子への愛情を考えることで、復縁する方向に気持ちが行きやすくなることがあります。
片親の状態で生きていくと言うことは、何かと大変なものです。周りから偏見の目で見られてしまい、心に傷を持つことになってしまうこともありますし、そういった目で見られないとしても、自分が周りとの差を感じて、蔑んでしまったりすることもあります。
こういった、子供の人生への影響をよく考えることで、復縁と言う選択が強まっていくことになります。自分の取る行動による影響を改めて考える機会を設けることが一つの大きなポイントです。

自分の異性問題で離婚!罪を償って復縁する方法

2016/01/27

自分の異性問題で離婚をすることになった場合、その罪を償って復縁する方法はどんな当事者でも気になるものだと思います。残念ながら確実な方法はなく、とにかく今後の生活において信頼を回復することに全力を注ぐしかありません。人によってはこうした生活をする中でも、どれだけ時間が経っても相手から信頼を得ることが出来ないことに苛立ちを感じる人もいると思いますが、それは仕方のないことであり、本当に復縁を望むのであれば何も言い返すことは出来ません。まずはしっかりと自分の日頃の生活を見直して、出来る限り信頼を得ることが出来る、自分で夫婦関係を継続することに対する魅力をアピールすることに力を入れるようにしましょう。言葉だけで納得してくれる相手なら、それは言い方が悪いですが都合の良い人であり簡単に丸め込むことが出来ます。いろんな人が存在する中で、そうそう簡単に許してくれない人もいます。一つの考え方としては時間の経過で復縁を望むというスタンスも結構重要です。時間が経つと人は物事をいろんな角度から見ることが出来るようになるので、過去の失敗に寛大な心を持ってくれる人ならば、それは復縁する可能性は十分にあると言えます。

元妻の異性問題で離婚!幸せを掴んで復縁する方法

2016/01/27

夫婦が別れる理由のひとつに、異性問題があります。以前は、夫婦の男女関係での破局といえば、夫側の女性問題が原因でしたが、女性の社会進出が進んだこともあり、妻側の男性問題が原因で別れるケースも多いです。元妻の不倫が原因で別れた場合、女性側が過去の過ちを反省して復縁を申し出ている場合は、復縁するのは簡単です。しかし、浮気された側の元夫側が復縁を望んでいて、元妻は復縁への気持ちが薄いときはやり直すのに苦労します。まず、女性側に非があったとしても復縁を申し込む側の男性の方が立場としては不利であることを理解することが必要です。そのため、復縁を元妻に申し出るときも過去の不倫の問題について決して蒸し返さないように注意します。女性の不倫が男性と違う点に、不倫をするきっかけの多くが夫への不満があります。そのため、自分の男性問題が原因で離婚したとしても、女性としては元夫への不満から不倫に走ったため、自分は加害者ではなく被害者だという認識が強い傾向にあるからです。そのため、復縁するときには元夫が寛容な態度を示すことが大事です。元夫側としては、自分は浮気された側であるのに低姿勢にならないといけないのは、かなり屈辱を感じます。それでも復縁したいという気持ちがそもそもあるのかどうか自分自身に尋ねることも大切です。

難しい?元妻に新しい相手がいるときの復縁方法

2016/01/27

元妻と復縁するにもさまざまなパターンがありますが、その中でも一番復縁が難しいとされているケースとして、すでに交際相手の男性がいる場合です。女性と男性は、昔のパートナーに対しての捉え方が根本的に違い、女性は「上書き保存」と呼ばれています。これは、パソコンの上書き保存のように新しい恋愛相手の男性が現れると以前交際していた元彼や元夫への気持ちが塗り替えられてしまうことをさします。男性は、「別フォルダ」と呼ばれており、現在進行中で付き合っている女性がいても、過去に関係した別の女性たちの記憶を別のフォルダに記憶するかのように心にいつまでも残っているといわれています。そのため、復縁したいと思っている別れた妻が新しい恋愛をはじめているときは、元夫の存在は女性にとって過去の人でしかなく、現在進行している恋愛の邪魔にしかならないと思われています。そのため、いくら復縁したい気持ちを女性に訴えても逆効果になります。障害が多いほど恋愛は燃え上がりやすいため、復縁を迫るほど現在の交際相手の男性への気持ちが高まってしまう可能性があります。この場合の復縁方法としては、新しい恋人と別れるのを静かに待つしか方法はないです。また、復縁を迫らずに良き友人としての立場をキープして、別れた妻も恋愛の相談をのって、信頼関係をもち、運よく交際していた男性と破局したときに復縁を切りだせば、やり直せる可能性はあります。

無関心だと難しい?好き嫌いでは分からない相手の距離

2016/01/27

恋愛や結婚などの男女関係では、相手が自分のことをどう思っているか非常に気になります。交際相手がいる人や夫婦のなかでは、相手に嫌われないように気を遣っている人も多いです。しかし、人は「好き」の反対の感情は「嫌い」だと考えていることが多いですが、実際は無関心だといわれています。別れたパートナーと復縁しようと考えるときに、自分に対して相手があまり嫌っている様子がなかったために自分のことを受け入れてくると希望をもつ人がいます。しかし、それは相手に対して執着がなくなり、関心がなくなったためにニュートラルな対応をしているだけの可能性もあります。逆に、復縁したい相手が自分に対して感情的な態度で接してくれる方が、また復縁できる可能性は残っています。親子関係でも子どもに無関心の親の態度は、子どもの心の成長にかなり悪い影響を与えます。暴力などの目にみえる虐待も心身を深く傷つけますが、本来高い関心をもつはずの子どもに対して、親がまったく関心をもたないのは子どもにとって非常に傷つきます。人は、好意をもつ相手に対しては、少なからず関心をもちます。元恋人や元配偶者に対して関心がなくなったのは、心の距離がまったくの面識のない人間と同等の距離になったことを示しています。

最近の投稿