カード、通帳、離婚時に変更したい手続きまとめ

離婚によって姓や本籍が変わった場合、運転免許証やクレジットカードなどの名義を変更する必要が出てきます。
まず、早めに変更したいのは身分証明書としても使える運転免許証です。
運転免許証の氏名や住所変更は、近くの警察署か運転免許更新センター、あるいは運転免許試験場で行うことができます。
手続きに必要な物は、現在の運転免許証と新しい本籍の記載された住民票です。
新たな氏名と住所の書かれた身分証明書があれば、それを通帳や印鑑と一緒に銀行の窓口に持って行くことで銀行口座の名義変更ができます。
クレジットカードの名義変更や住所変更は、基本的には書類を郵送してもらい、それに必要事項を記入して返送することで行えますが、こうして事前に銀行口座の名義変更をしておくと「引き落とし口座」にそれを書くことができ、無駄が省けます。
あとから銀行口座の名義変更をすると二度手間ですから、順番を間違えないようにしましょう。
もし結婚した時の姓で印鑑登録を行っていたなら、離婚により姓が変わると失効しますから、もう一度登録する必要があります。登録した印鑑が名のみなら失効しませんが、姓名や姓のみの場合は、忘れずに市町村の役所で登録してください。テクスチャー19

コメントは受け付けていません。

最近の投稿