調停申立書はどう書くか

多くの離婚の場合は夫婦のみの話し合いで合意した内容に基づいて離婚届が市区役所に提出される協議離婚と呼ばれる形になりますが、夫婦の一方が離婚を何らかの理由で認めない場合や離婚には合意していますが慰謝料や養育費や親権の面で折り合いがつかず、協議離婚まで話し合いがたどり着かない場合は裁判官が間に入り裁判所に話し合いの場を設ける離婚調停の形を取る事になります。

 

}PgžxQ

中にはDVによる被害の危険性が有る場合も有りますので、その理由に基づいて個人の安全と権利を確保した上で冷静に話し合いをする意味合いも強く、あまりにも危険な場合は両者が顔を合わせない様に弁護士が代行する場合も有ります。離婚調停を行うにはまずはどちらか一方から調停申立書の提出が必要となり、それには提出した側が原告と言う形になりますので原告と被告の現在の状態や、離婚を切り出すに至った経緯や未成年の子供の有無や細かく記載しなければいけません。

 

 

そして離婚の判断の原因やもしDVが原因の場合はそれらの問題やお互いの就労状況、子育て環境そして原告の希望とあと調停を行うにあたり必要な注意事項や希望等細かく記載します。この書類を元に裁判官は原告と被告の双方に離婚調停の出頭命令を送付し、離婚調停が行われる事になります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿