さまざまな問題を同時に解決できる

結婚生活は、二人の気持ちが大切であり、それが離れてしまうとなかなか継続していくのは難しくなることでしょう。いろいろな話し合いを重ねて、協議離婚の形で最終的に離婚が成立すればいいのですが、それが難しいときには調停になります。

 
調停になるのは、話し合いがうまくいかないときや相手に暴力などの心配があるとき、話し合いに相手が応じずに話が進まないときなどです。離婚に向けて、話し合いをしたいと思うほうが、申し立てをして家庭裁判所での調停が始まるのです。

犬14

通常は月に一度程度、双方が呼ばれて裁判所に出向き、男女1人ずつの有識者である調停委員によって、話し合いの調整がされます。お互いに顔を見ずに調停委員に話をしていくので、相手になかなか言いにくいような細かなことまで申し出ることができます。

 
例えば、生活習慣のことや対人関係、性格のことなど、いろいろな話を聞いた調停委員が公平な立場で聞いて、問題解決に向けて話を進めてくれるのです。ですから、一部のことだけでなく、総合的に考え、第三者が判断するので、とても平等性が保たれるのです。

 
このように、調停では手間と時間がかかりますが、それなりのメリットもあるので、いいでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿