法廷画家に資格はある?

法廷画家は、テレビや新聞などのメディアによるニュースのなかに掲載される法廷画を描く人のことをいいます。
日本では刑事訴訟規則や民事訴訟規則のなかで、裁判の公判中に法廷内の写真を撮影するには、裁判長の許可を得なければならないと規定されていますが、実際にこのような許可が出ることはなく、たいていは公判がはじまる前に被告人などの関係者が入廷する際の映像にとどまってしまいます。そのため、法廷内のようすを直感的に伝えることのできる、法廷画のようなイラストが重宝されているのです。
このような法廷画家となるための資格については、実は特に設けられておらず、基本的にはそれぞれのテレビ局や新聞社からの依頼を個別に受けて、一般のイラストレーターが公判中にイラストを描いているものです。
日本国憲法では裁判の公開の原則が定められており、公序良俗に反する場合などのごく一部の場合を除いては、裁判のようすは誰でも傍聴することができますので、法廷画家は実は単なる傍聴人のひとりということもできます。
裁判そのものはイラストレーターが意図したとおりに進行するものではありませんので、時間内にすばやく描画するという能力が特に求められます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿