法廷画家が守るルール

海外で行われる裁判での被告人の様子というのは、テレビで見られる場合があります。それは裁判のテレビ中継が認められているからです。しかし、国内では裁判の様子をテレビで中継することは禁じられているので、裁判で被告人がどういった表情をしていたのかといったことは、裁判を傍聴した記者の感想か、あるいは法廷画家が描いた被告人の絵で見るしかありません。
当然、テレビのニュースでは正確性が求められるので、法廷画家もルールを守って正しく被告人の絵を書く必要があります。
では、どういった注意点があるのかというと、たとえばカメラで撮影することは禁止というものがあります。法廷画家としては、被告人をカメラで撮影すれば、それを資料に簡単に絵を描くことが出来ますが、認められていないので、法廷でしっかりと被告人を見てスケッチするしかありません。普通の人物画と違って、被告人は描きやすいように動きを止めてくれたりしないので、印象的な表情を記憶して描かないといけません。
また、被告人の顔がよく見えなかったとしても、声をかけてこちらを向いてほしいと頼むということも禁止されています。なので、出来るだけ被告席が見やすい位置に座るというのが重要になってきます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿