法廷画の歴史

国内では裁判所内で写真撮影やテレビ放映などが原則としてできないことになっており、傍聴される方は存在していますが、その様子に関しては一切の撮影を許可していないことが特徴とされています。このことから法廷画と呼ばれるものが普及をしている状態にあって、一般的な方の場合ではテレビなどのメディアを通じて描かれた法廷画を目にすることができます。法廷画に関してはその由来や歴史に関しては比較的浅いものとされており、以前は記録すること自体が禁じられていた背景があるために、手書きであっても許可されることが無かった時代があります。現在では主に、画家やイラストレーター、漫画家、新聞社の社員であっても絵の上手な方が法廷画を描くことを行っており、その技術に関しては人によって差が生じている部分がありますが、できるだけ該当者の特徴を上手に表現することが基本とされています。法廷画の性質から、直ぐに利用することが行われていることによって、自宅に持ち帰って描き直しなどを行うための時間的猶予が設けられていないことが多々あります。その結果として速攻で描くことができる方が活躍をすることになり、現在に至っている状況です。テレビの視聴者などは法廷画によって、法廷内の様子をイメージとして知ることができます。mobile04_l.

コメントは受け付けていません。

最近の投稿