慰謝料を請求するかしないか

離婚をするという決意をするに至るまでには、相手のことを許せないと思う重大な出来事があったはずです。明らかに相手に非があるような場合もあるでしょう。そのようなときには、慰謝料を請求することができることがあります。
しかし、実際に支払い能力がないような場合は請求しても支払われることはないといってよいでしょう。浪費や借金トラブルなどで離婚に至った場合などは見込みがないでしょう。裁判をして判決を取ることができても、執行して摂れる財産がなければ支払いを受けることはできないのです。そういった場合は財産分与の段階でその点についても配慮して協議していくことが大切です。
また、明らかに相手に非があっても、子供がいる場合などは一度に金銭的な支払いを受けるのではなく、将来的に子供にかかわってもらうように定期的な養育費の支払いという事を優先したほうがいい場合もあります。夫婦間の争いという事を前面に出さず、親としての責任を果たしてもらうという事を重視するほうが実益があることもあるのです。
請求できる場合であっても、以上のような理由から請求しないほうが良い場合もあります。決めかねる場合はどちらが良いのか、専門家と相談してみるという事も必要でしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿