格差婚で男<女のパターン

収入だけでなく、双方の家柄や、社会的地位などに格差がある男女の結婚が「格差婚」と呼ばれるようになったのは、比較的最近のことです。
結婚する時に、男女間にさまざまな格差がない場合には、その格差に起因した問題は発生しにくいものの、格差がある場合にはさまざまな問題が発生する可能性があります。
特に男性より女性の方が上位の場合には、多くの問題が発生しています。
たとえば生活をする上で女性がより多くの金銭的な負担をしたり、あるいは社会的な地位が高かったりする場合に、男性がそのことをスムーズに受け入れることができず、精神的に過度なプレッシャーを感じてしまうことが少なくありません。
男性側がこうしたプレッシャーを逆手に取り、それを活力として仕事や目的に向かって邁進するなら話は別ですが、女性に対して辛く当たるようになったり、他の女性との交際へ逃避してしまうようだと、夫婦間には亀裂が生じてしまうでしょう。
女性の方が優位なために格差が生まれている結婚の場合には、男性がその状況を受け入れ、自分の立ち位置を見つけられればうまくいきますが、その格差を素直に受け止めることができないようでは、良い関係を維持するのは難しいといえるでしょう。テクスチャー03

コメントは受け付けていません。

最近の投稿