監護権について

親権は、未成年の子どもを監護し養育を行い、またその財産を管理し、また保護者となることを指します。この親権の中に含まれるのが監護権です。
これは、保護者としての権利を認めるもので、例えば未成年者が契約を行うさいには保護者の同意が必要になりますが、その権利を有することを示しますし、また子どもの住む場所を指定する居所指定権や子どもに対して叱ったり、しつけたりする懲戒権、子どもが職業を選ぶさいにその職業を行うことを許すといった職業許可権などがあります。また包括的に子どもの財産を管理する権利もこれらに含まれます。
一般に親権はこれらがすべて含まれていると思われがちですが、財産管理権とは分離して考えられるケースがあり離婚など行ったさいに監護する権利と財産を管理する権利の片方をどちらかが分担するケースがあります。この理由としては、財産の管理は父親が行う方が都合が良く、養育は母親の方が都合が良いといったケースがあるためです。もちろん逆の場合もあります。
どちらにしても、これら親権者としての役割は裁判所を介して決定することになります。なお婚姻状態にある場合には父母が共同でこれらの親権を行使している状態を指します。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿