片親家庭が知っておきたい医療費助成と子供扶養手当

収入が不安定になりがちな片親家庭が頼る先に国から支給される手当があります。家庭の収入、子どもの人数、住民票の所在地などで手当て金額や内容が変わってきます。児童扶養手当や医療費助成などがありますので、もし手続きしてないなら役所で問い合わせてみましょう。支給内容は「児童」と書かれてますが、実際には生活費に充ててる家庭がとても多いです。やりくりできる範囲内で手当ての中から貯金できればそれに越したことはありませんし、子どもが18歳になるまで支給されますので高校の進学費用としても助かりますね。
この手当ては収入扱いにはなりませんし、奨学金のように返済しなければならないものでもありません。その家庭で自由に使えるお金です。支給内容は確定申告することもありませんのでご安心ください。
この手当てを受けてる家庭には医療費助成もセットで付けられてます。医療費助成というのは、病院の診察料、処方箋料などが一部もしくは全額免除になるということです。通院も手術も無料になる場合が多いのです。片親ですと、体調不良で仕事ができなくなると家庭内の収入が大きく減少してしまいます。その負担も面倒見てもらえる、という内容です。軽い症状でも手当ての証書を持参することで免除対象になるので、医療でお金がかかるときは受付に提出してみてください。負担してもらえるか不安な場合は、診察前に受付で聞いてみると詳しく教えてもらえます。–¼Ì–¢Ý’è-2

コメントは受け付けていません。

最近の投稿