価値観を合わせて生きる!金銭感覚を調整して復縁する方法

結婚した後、相手と自分の金銭感覚や価値観が異なると感じることは、しばしばあることです。
むしろ、育った環境のまったく違う2人が一緒になるのですから、価値観が完全に一致する場合の方が稀なのです。
世間では、夫が働き、妻が家計を管理するという方法が多く取られています。
しかし、妻に家計管理能力が無い場合、家計が破綻することもあります。
たとえば妻に浪費癖がある場合などです。
家計の管理は、世間一般の流れを踏襲するのではなく、その夫婦毎に決めていく方がうまくいきます。
しっかり管理出来る方がお財布を握る、ということです。
妻に家計管理能力が無いのであれば、夫が管理すると良いでしょう。
また、逆に夫がギャンブルに走って家計の殆どを使ってしまう場合は、夫が給料を全部妻に預けるというのも1つの方法です。
相手に預けてしまえば、自由にお金をギャンブルに使う訳にはいきませんし、使う時は妻に言わなくてはならないので、自然と自制が利きます。
また、クレジットカードなどで好きなように買い物をしてしまう場合も、カード自体を相手に預けるという方法もあります。
それによって、お互いに価値観を合わせて生きていくことが出来るようになり、復縁することも可能です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿