結婚前からスキャンダルがあった場合の離婚

相手方に結婚前のスキャンダルがあった場合の離婚について考えます。婚姻届を出す前に相手が自分とは別の異性と付き合うなどの浮気をしていたことが発覚した場合には、不貞行為が理由で離婚することができません。ただ、結婚は信頼の上に成り立つものですから、婚姻を継続しがたい重大な事由に該当することがあります。浮気の1つくらい許せるという人もいますが、人の倫理感はそれぞれ違います。一度の浮気でも絶対に許せないと感じる人にとっては、結婚生活を続けることは不可能でしょう。いくら話し合っても、物事の捉え方が根本的に違うのですから、それは性格の不一致といえます。しかし性格の不一致では離婚を認められることはほとんどありません。そのため一緒に暮らすことができないと考えた場合には、別居を選ぶことも一つの手です。長期間別居することで、離婚を認められる可能性が高くなります。浮気だけではなく、かつて結婚していたことを隠していた場合や多大な借金を作っていた場合など、発覚すれば結婚相手の信頼を失うような問題は起こしてはいけません。結婚は信頼で成り立つものですが、一度信頼を失うと修復は困難を極めます。結婚は長く続けてこそ意義がありますから、結婚相手には隠し事はしないようにするのが大事です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿