欠落とは

相続においては、その相続人であるとされる人物が相続できないケースが有り、そのことを欠落といいます。このようなケースに該当する事由に当てはまるときには、被相続人が家庭裁判所にて申し立てを行うのを待たずして相続権を失うことになるので注意が必要となります。その事由とは、故意に被相続人を殺したり殺そうとしたりした場合、その辞典で相続権を失うことになります。殺人のみなら殺人未遂であってもこの資格を逸失することを述べておく必要があります。殺陣の石があると認められた時点で相続権を失うことになります。次に、被相続人が殺害されたことを知っていたにも関わらず告発しなかった場合、相続権を失うことになります。告訴や告発をしなかった時点で共謀者とみなされてしまうので注意が必要です。さらに、被相続人に対して詐欺や脅迫によって遺書を書かせたり、書き換えされたりした場合において相続権を失います。詐欺や脅迫によっても相続権を失うことになるということを知っておく必要があります。被相続人である場合でも、遺書の変造や偽造に関わった時点で相続権を失うことになります。このように、被相続人である人物が相続権を失う場合があるので注意が必要です。テクスチャー18

コメントは受け付けていません。

最近の投稿