メリットがある和解

mama01_l毎日の生活を平穏無事に過ごすことが良いのですが、しかし突然の事象によって自分や相手を傷つけてしまうことが発生した場合にはお互いで話し合うことが重要です。しかし何らかの事象が起きて自分や相手事態が何事もなく無事であっても、その事象によって毎日の生活の中で自分や相手にとって重要な物が損失した場合には示談ではなく裁判を行う必要性が生まれます。しかし実際に裁判を行うとなると判決が出るまでに時間がかかることに加えて、その裁判が行われる回数分料金が発生するため訴える側も訴えられる側も時間と予算の大きな損失を受けることになります。そこで時間と料金の損失をなくすための方法として定められているのが少額訴訟であり、これはなんらかの事象によってお互いの重要な物が損失した際に時間も予算もかける必要が無いように1日で判決を下す訴訟法です。この少額訴訟を行うメリットは実際に裁判で判決を下すまでの期間を一回に定めることで料金と時間をなくす事ができます。そして通常の訴訟の場合相手と何度も話し合う必要性があるため時間や資金以上に、そのやり取りの中で相手と問題の内容で関係がこじれてしまうリスクが生じます。そこで訴える側も訴えられる側も冷静であるうちにお互いが納得できる金額を提示した額が少額訴訟で規定されいる60万円以下であれば、その額を払って和解を成立させることができるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿