入籍届はどうなるの?子供に関する子の氏の変更許可申し立て

親が再婚し親の氏が変わったからと言っても、子供の氏も自動的に変更されることはありません。
手続きをしない限りは、子の氏は変わることがないのです。
ですから子の氏の変更をする場合には、入籍届の他にしなければならないことがあるのです。
子の氏の変更をする場合には、子の氏の変更許可の申し立てをする必要があります。
そして、家庭裁判所の許可を得る必要があるのです。
家庭裁判所の許可を得てから、子の氏を変更することができるのです。
これは、例え夫婦が離婚したとしても子の戸籍は変わらないからなのです。
そして、親が再婚したからと言っても子の戸籍が自動的に変わるわけではないのです。
このことは、子のことを第一に考えた措置と言えます。
子のことを考えると、親の都合によって氏が何度も変わるのは良くありませんし、氏が変更されることによる不利益を親の都合で押し付けることになることもあるので、それを防止するためもあってこのようになっているのです。
どうして民法はこのようにしているのか疑問に思う方もいるかも知れませんが、しっかりとした理由があるのです。
子に不都合にならないと判断されれば、家庭裁判所が許可をしてくれるのです。
子の利益を一番に考えて、このような形をとっているのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿