プライバシーが守られる

}PgžxQ離婚調停は夫婦の秘密を守って行えるメリットがあります。調停に参加している家事審判官や調停委員には、担当した事件についての秘密保持義務が存在してきちんと守られています。もちろん調停そのものは非公開で行われますから、個人のプライバシーが外部に出ることなく言いたい事が話し合え、他人に知られず秘密にできます。調停は公開の場で行われないので傍聴人も許されまずに済みます。

 
調停そのものは、秘密を守るために非公開の調停室において進みます。裁判官である審判官と調停委員の2人で構成される調停委員会が担当します。夫と妻が入れ替わって調停委員と話し合いを進めていきます。それぞれが結婚のいきさつから夫婦の生活の話、肝心なうまくいかなくなった原因や子供がいる人は子供の事、収入や貯蓄財産がどれくらいあるのかなどを聞き取りがあります。

 
審判官と調停委員が互いから聞いた言い分や気持ちを伝えます。夫婦として再びやり直すこと前提に考え、誤解を解くための努力や歩み寄るための円満な解決策を模索します。解決すれば、離婚調停の申し立てが取り下げられます。

 
調停によって、夫婦の破綻が解決するケースがあるので互いのメリットを探るのが大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿