離婚からくる寂しさの対処法

離婚する時には結婚の時よりもずっと体力が必要だと言われ、その後にはすっきりして心が軽くなるという人もいますが、喪失感や疲労感、罪悪感などのマイナスの感情が残り、一人になってしまい寂しいと感じる場合も少なくありません。そんな寂しさに対処する方法としては、家にこもったりせずに外出し、親族や友人などの気を使わずに付き合える人たちと会話をするというものが挙げられます。家に一人でいるとどうしても嫌なことを思い出したりネガティブなことを考えてしまい、それらがさらに新しいマイナスの感情を湧き起こしてしまいます。家から外に出て新しい発見をするだけで気分がリフレッシュできますし、他愛無いことでいいので誰かと会話することで、自分は一人で生きているわけではないと実感することができるのです。近くに気軽に会える人がいないという場合は、犬などのペットを飼うというのも良い方法です。彼らにとって飼い主は絶対的な存在で、愛情を注げばそれは自分に返ってきます。この場合も自分は一人ぼっちではないと確認できるということが重要です。それもできないという場合には好きな映画やドラマを見たり、読書をしたりなど、自分の趣味に没頭するというのも良いでしょう。この場合には嫌なことを思い出さないように、できるだけそう言った要素のないものを選ぶことが大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿