離婚を決意!準備すべきことは?

男性と女性の場合では、異なることもあります。そして、女性が専業主婦の場合もまた準備するものが変わります。
離婚したいと、考えるときの理由にもよりますが子供がいる場合はどちらに親権をするかが大きな問題です。
通常、子供が幼いときは家庭裁判所では母親に親権を持たせることが日本では多くなります。
しかし、この場合でも親権の認定を家庭裁判所にしてもらう必要はでてきます。
女性なら、どこで暮らすのかが問題です。仕事も見つけておくと安心です。
まず、住む場所を確保しておくと安心ができます、
お金も当座の生活費として、半年分くらいの現金を貯金しておきます。
そして、届けを出す前に、養育費や慰謝料の取り決めをしてそれを公正証書に残しておくことです。
万が一、不払いのときにはこの公正証書で給料の差止めをすることができます。
そして、重要なことは子供の苗字をどうするかです。
そのまま変更せずにいくのか、または母親の旧姓に戻すのかで戸籍も変わってきます。
別れても、妻はどちらの姓を名乗ってもいいことになっています。
子供がいない場合や、共有の財産がないときは二人合意があればそれで終わります。
しかし、慰謝料などが関係する時は弁護士に依頼することもあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿