離婚時に知っておきたい国民年金と社会保険の基礎知識

私たちの送っている日常生活の中では、ときに思わぬ事故の被害にあったり病気や怪我をしてしまうといったリスクが常に付きまとっています。もしも、事故や病気、あるいは怪我をしたときなど、普段から金銭的に余裕がある人以外はすぐにというわけではありませんが将来的に金銭的に厳しい状況へと追い詰められてしまうこともあります。
そのため、日本では病気や怪我などのリスクに備えた危機管理の策として国民健康保険や国民年金などの社会保険の制度が整備されています。これらの制度が完備されているおかげで、私たちは老後の生活や不慮の病気や怪我などに関してあまり心配をすることなく平穏な生活を営んでいくことが可能になっているのです。
近年では結婚生活を長い期間営んでいた夫婦が熟年と呼ばれる年代になってから離婚をすることも珍しくはなくなっていますが、不幸にも夫婦生活を離婚によって解消することのなった場合には年金や健康保険などの社会保険については財産分与の対象となっています。
しかしながら、すべての社会保険が対象となっているのではなく、あくまでも婚姻期間中の厚生年金などの公的年金制度の2階建て部分に限定されており、自営業者などの2階建て部分に加入していないケースでは財産分与の対象とはなっていません。テクスチャー18

コメントは受け付けていません。

最近の投稿