相続人の決め方

遺産を相続する人を相続人といいますが、亡くなった人の遺言がある場合は、そのまま指定された人が遺産を相続することになります。その場合は、その後の手続きはそれほど難しいものではありません。
ただし、遺言の無い場合、あるいは遺言が、法的に無効だった場合には、民法により、相続できる人を決めることになります。
法的に、定める場合は、相続できる優先順位が決まっており、配偶者、子供が第一順位となっていています。もし、いない場合には第二順位の親や祖父母、第三順位としては、兄弟姉妹が相続することになっています。
そうして相続する人を決めることが出来て、初めて相続のスタートとなります。
ところで、亡くなった人に愛人などがいたり、その子供がいたりしたら、大きな揉め事に発展してしまい、なかなか相続の分割が難しくなったりするケースなども意外と多いのです。
そのようなトラブルを防ぎ、公正な遺産分割協議をしなくてはなりません。
そして、遺産分割協議書を作成し、それにのっとって、分割することが出来るのです。
ここまで決めるには個人の知識だけでは限界があったりします。
どうしても、専門的な法律の知識がよくわからないことが多いのです。
亡くなった人の遺言書が無い場合は、混乱しないためにも法律の専門家に任せてしまうということが混乱を避けるためにも多いのです。テクスチャー16

コメントは受け付けていません。

最近の投稿