血のつながりがなくても相続できるの?

相続できる人は、民法では配偶者と亡くなった人の子どもや親兄弟などの血縁関係者に限定されています。そのため、子どもの配偶者である嫁や配偶者の連れ子は対象にはなりません。しかし、血縁関係でなくても財産を受け継ぐことが可能な場合があります。それは、養子縁組です。血のつながりがなくても養子縁組を行っている場合は、法律上の親子としてみなされるため、血のつながりがある実子と同じ扱いになります。受け継ぐ財産の割合も実子と同じです。ちなみに養子縁組をした場合、養父母の遺産も受け継ぐことができますが、血のつながりのある両親の遺産も同じように受け継ぐことが可能です。ただし、特別養子縁組の場合は縁組をした養父母の遺産しか受け継ぐことはできないことになっています。連れ子の場合も、故人と養子縁組を行っていれば、財産を受け継ぐことができます。それ以外に血のつながりがなくても遺産をもらえるケースとしては、遺言書によって遺産を譲ることを指名された場合です。遺言書では、民法の規定よりも優先されますので、血縁関係者でない嫁や友人などに財産を譲ることができます。しかし、配偶者と子ども、親には遺産に対して最低限度受け取る権利である遺留分請求の権利がありますので、すべての財産を家族以外の人間に譲ることはできないことになっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿