調停で問われるコミュ力

離婚などを行った際には後にトラブルが起きてしまうことを避けることが何より大切になり、場合によっては離婚調停を利用することによって、メリットを得ることができる方も存在しています。離婚調停に関しては主に経済的な部分と子供に関することを挙げることができ、いわゆる慰謝料を請求される方や、養育費に関する内容、子供の親権についても争われることになります。基本的には家庭裁判所で行われることになり、調停の場合ではあくまで話し合いが原則とされており、大きな争点などを持っている方の場合では、調停ではなく裁判によって解決する道が用意されています。調停を利用される方の場合では、金銭的な部分であっても、子供に関することであっても、調停員が納得できるように事前に資料などを準備しておくことも良い方法になり、例えば日常的に暴力などがあった場合では、その記録などを残しておくことも効果的になります。状況説明を行う場面も多く、この場合ではいわゆるコミュ力が必要になります。感じていることや主張したい部分を上手に相手側に伝える能力を持っていることと、同時に話し方や振る舞いなども大切な要素になるケースがあります。心証という言葉がありますが、重要視されることもあるために、一定の配慮を行うことによって、有利に進めることも不可能ではありません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿