離婚調停をスムーズに進めたいなら

誰もが幸せになりたいと思って相手を選び、結婚をします。それでも何らかの理由で離婚せざるを得ない時と言うのはやってきます。衝動的に別れたいと思っても、それだけでは難しい場合も多々あります。離婚と言っても方法は様々です。スムーズに行きそうだと思っても、相手側がごねたりする事はあります。最初にフローチャートを作ったり見てみるなどして、全体の流れを掴んでおきましょう。夫婦間の協議で済むのか、それで互いが合意できなければ次の段階に進みます。慰謝料や財産の事、子供がいれば養育費やどちらが引き取るのかなど様々な問題も噴出する事でしょう。調停委員という第三者が関与する中で離婚を成立させるための手続きを行っていきます。裁判所が関与しますが、やはり夫婦での合意が必要となるのは協議離婚と同じです。調停も不成立になればさらに審判離婚となりますが、これは合意がなく裁判所が判断を下して離婚成立の手続きを進めていきます。二週間以内であれば異議の申し立ても可能です。弁護士に相談をする際にもどんな流れになりそうなのかを予めじっくりと考えてみましょう。離婚の準備は出来る限りしておく方が、確実に短い期間で離婚というゴールに辿りつく事が出来るでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿