和解ってスッキリしない?

刑事裁判の場合、基本的に必ず判決が出る、つまり、裁判所が決着を下す形になります。裁判に勝った方からすれば、裁判所という第三者にお墨付きをもらうことになるので、対外的に自分が勝ったということを伝えやすいです。
しかし、民事裁判の場合は、裁判官が必ず判決を下すとは限りません。というのは、和解を勧められることが多いからです。たとえば、お金を貸したのに返済してもらえないので、今すぐにでも全額一括で返済してほしいということを訴えた場合、どんなに訴えた側の言い分が正しかったとしても、原告と被告で話し合って解決出来ないかということを提案してきます。なぜかというと、民事の場合は判決を下すことによってどちらかに遺恨が残りやすく、そのことでトラブルになりやすいからです。お金の貸し借りの裁判であれば、債権者が勝訴すれば判決は一括返済です。負けた側の債務者が窮地に追い込まれます。しかし、話し合いで解決する場合は分割での返済を受けるという内容になるので、双方がお互いの希望を通すことが出来ますし、お互いに納得して解決策を見つけたということになるので、遺恨は残りにくいのです。
なので、どうしても裁判所のお墨付きがほしいという場合を除き、最終的に解決出来るのであれば話し合いに応じるという姿勢で裁判に臨むというのも一つの方法と言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿